2008年06月02日

日比谷オクトーバーフェスト2008にいったよ!

なんだかメタルのライブっぽいけどそうではなく。
ドイツ産の美味いビールが味わえるステキなお祭りが日比谷公園で開催されていると聞き、知人と二人で飲みに行ってきました。

午後4時前に日比谷公園内の会場に着くと、もうすでに出来上がりつつある人々の群れが!昼間っからお酒が飲める大人ってイイですねー(笑)
そしてビール販売コーナー向かうと、そこには琥珀色の液体を求める長蛇の列が…(汗)

まずERDINGER Weissbier(エルディンガー・ヴァイスビア)というバイエルンビールの白と黒を互いに買い、ジャーマンプレートというソーセージ&アイスヴァイン(塩漬け豚すね肉の煮込み料理)とポテトの盛り合わせをつまみに乾杯。
私は黒の方を飲んだのですが、口当たりまろやかでコクがあるウマウマビールでした…が、しかし値段的には1杯1300円+デボジットの1000円で

最初のひと口にたどり着くのになんと2300円!(ひいっ)

まさに我々のように、神に選ばれた筋金入りの『日本ゲルマン魂の持ち主(?)』でなければとっくの昔に挫けている事でしょう…。

そして、ステージで繰り返されるゲルマン乾杯バンドの乾杯音頭を右から左に受け流しつつ2杯目に突入。
今度はスコップのマークが印象的なSpaten Munchner Hell(シュパーテン・ミュンヘナーヘル)のラガーをチョイス。こっちは日本人に好まれそうな、さわやかなのど越しのビールでした。そしてつまみにはカレー風味のベルリンソーセージ&定番付け合わせのザワークラウト(千切りキャベツの酢漬け)を。
我々はそこでリタイアでしたが、ビール飲みどもの宴はまだまだ9時くらいまで続くようでした。

総じて見ると、ビールは美味かったんですがもっとリーズナブルなお値段ならよりお客も集まるんじゃないかなぁと思いましたが、それよりあまり並ばずにビールが飲めるようにしてくれる方がもっと嬉しいような?

なんだか猫がやたらと多い印象の日比谷公園で、美味いビールを堪能した一日でした。

posted by Bomber at 01:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー。平日の真っ昼間っからか。そいつはうらやましい(笑)

そういえば新宿に時々行ってたドイツ居酒屋があるなあ。もう何年もいってないけど。ビールも料理もうまかったが、ちと高めなのが難点だった。

借りっぱなしのドラキュラ紀元、少し読み始めた時点で、やっぱり元の吸血鬼ドラキュラも読まなきゃダメだなと思い、本屋で探してはみたものの、昔の文庫だけに潰れがちの小さい活字が頁にびっしり埋まってるのを見てあえなく挫折。さてどーしたものでしょう・・・

その代わりといってはなんですが、面白いSF見つけたよ。

アイアン・サンライズ (ハヤカワ文庫SF)
チャールズ ストロス (著)

タイトルとカバー裏のあらすじに惹かれてなんとなく読んでみたのだが、無茶苦茶面白かっただよ。
ただ、実はシリーズ物の2作目で、1作目は未読でそれでも十分に面白かったのだが、ネットの評を見るとやはり1作目を読んでおいたほうがいい、ということだったw
Posted by KAN at 2008年06月10日 17:24
あ。記事の日付が2日なだけで、呑み行ったのは日曜なのかな^^?
Posted by KAN at 2008年06月10日 17:26
おいっすー
そうそう、行ったのは日曜日なのよ。
たまたま某K先輩が都内に来る用事があってタイミング良かったんだよね。
でもものすごい混雑って話だったんで、席が取れるようなら呼ぼうかと思ってたんだけど、案の定大混雑で、ベンチにも座れず柵の鉄パイプに腰を下ろすハメに…(苦笑)
まぁビールは美味かったので、また機会があったら行ってみるのもいいかも。

ブラムストーカーのドラキュラは新装版のようなものは無いのかねぇ?
でもオレも分からないとこはスルーしつつ読んでも十分楽しめたので、まぁ気張らずに(笑)
Posted by Bomber at 2008年06月11日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98891238

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。