2008年04月01日

上映出来ない映画がある

靖国 YASUKUNI」というドキュメンタリー映画が
上映中止の憂き目にあっているそうだ。

映画の感想サイトの端くれとして一言だけ言いたい。
劇場が政治的な理由に屈して映画を上映しない。

本当にそれでいいのか?

もしそれが例え日本人に取って屈辱的な、唾棄すべき映画だったとしても。
観るか観ないかを決めるのは我々ではないのか?
観てから内容を批判する事だって可能なはずだ。
だが、我々にはその自由すら与えられない。
もちろん、様々な理由で日本で上映されない映画は数多くある。
資本主義社会なのだから、つまらない映画が上映されない事だって多々あるだろう。
しかしその映画を観るかどうかを決める自由は、劇場にかからない限り我々には無いのである。

この話を聞いてある皮肉さを感じた。
しばらく前から映画を観る前に、「映画を盗まないで!」というCMがどこの劇場でも必ずかかっている。映画を観る人間が必ず見せられるという事は、お前達がこれを見る必要がある、と思われているという事だ。
もっとも効果的な対応は何か。
それは、劇場で映画をかけない事だ。

すばらしいではないか。

この映画は決して盗まれる事が無い『完全な防犯対策が施された映画』でもあるのだ。

政治的問題にも配慮し、映画が盗まれる事も無い『完全なる劇場』がこの先どのくらい増えるのだろうか?
私は、そんな所に行ってまで映画を観たいとは思わないのです。
我々から映画を観る自由を奪わないで欲しい。
もうこの流れは止まらないのかもしれないけれど。

この映画を上映しない事を決めた劇場。
そして事前に試写会を上映する事を求めた議員の名を、我々は記憶しておくべきだと思う。

posted by Bomber at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91800280

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。