2008年02月22日

感謝は超能力では伝わらない

店員に「ありがとう」と言う人が大嫌い。おかしいのでしょうか。。。

一つ言える事があるとすれば、普段から『ありがとう』と言わないとイザという時
言葉が口から出てこないという事を経験で感じました。
普段から挨拶してないと、いざという時どう挨拶したら良いか分からない。
普段から電車で席を譲っていないと、その時になって動けない。
座ったまま心の中で『俺は譲る気あったんだぞ!』と言い訳しても相手には伝わらないし、情けないものです。
それと同じなのではないかと。
日本人は『空気』という言外のニュアンスをコミュニケーションで重要視しますが
超能力じゃないんだから、本当に伝わったどうかなんて相手の心の中は分からないものです。
下っ端が言わないでも上は分かってるかな…そう思っていると立派な船がぶつかったりする事もあります。
相手の心が分からないからこそ、感謝の言葉というものが存在するのではないかなと思うのです。

…はい、分かってます。
自戒します。

はっ、俺にも聞こえたぞ!>何が?

posted by Bomber at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。