2008年02月18日

CODED ARMS CONTAGION PSP

続いて『CODED ARMS』第2弾の『CODED ARMS CONTAGION』を借りられたのでまた遊んでみましたが…。
アレ?なんでこうなっちゃったの?
それなりに遊べた前作に比べるとイマイチ感が拭えない出来に思いました…。

・育てゲーになった…のはまぁ悪くは無い。
・銃をバリバリ撃ちまくる爽快感に欠ける。説明しにくいが、前作とは何だか違ってしまった。
・とにかく銃の種類に対して弾の絶対数が足りない。必死こいて弾を集めてもまるで足りやしない。
・セーブポイントでしか銃が追加交換できなくなった。敵に応じて多種類の武器を使いこなす楽しみが減り、「使えない武器だ!」と思いながら遊ぶようになってしまった。
・マップが広くなったのは良いが、目的が分からなくなってウロウロすることも度々。お使いゲーム形式でそれはつらい。
・コンピュータのハックという要素は良いのだが、せいぜいミニゲーム止まり。
・ストーリーの都合でしょっちゅう通信画面が割り込んできてイライラする。どうせ真面目に読まないし、ノリが削がれるよ!
・俺がボスを倒したのに、ストーリーの都合で悪い方に話が進むのは何故だ!俺はそんなに無力なのか!(笑)
・ディスクを読む回数が増えて、PSPのスリープ明けに操作できない時間が増えてイライラするようになった。

前作は前作で、インフィニセクターまで行ったら後はボス面を挟み無限にダンジョンが続くだけなので、自動生成ダンジョンという性質上そこで事実上ゲームが上がりという弱点がありました。だけど、少なくともさくさくゲームを進められて、遊んでる間の不満はほとんど感じなかったんです。CONTAGIONはちょっと1人で遊ぶには微妙な作りになってしまって、前作と比較すると不満に感じました(借り物で言うのもまぁアレですがあせあせ(飛び散る汗))。もしかしてマルチプレイが面白いのかもしれませんが、そうそう対戦する機会も無いので改めて自分で買う気にはちょっとならないかな…。

2作目にしてはちょっと評価が辛くなった『CODED ARMS CONTAGION』レビューでした。

ラベル:ゲーム
posted by Bomber at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ARMS『ARMS』(アームズ)は、皆川亮二(原案協力七月鏡一)による漫画。週刊少年サンデーに連載された。第44回(平成10年度)小学館漫画賞受賞。.wikilis{font-size:10px;co..
Weblog: なつかしのヒーローご紹介
Tracked: 2008-02-21 10:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。