2005年09月29日

iPod nanoのキズ

iPod nanoの表面が傷つきやすいのではないか?という話題が出ているようですね。今のところ持ち運びには100円ショップのミニ巾着を使って、聞く時にはデニムのコインポケットという使い方をしています。まだ目だった傷は付いていないのですが、やっぱり小傷はいくらかありますね。黒いから光の具合でまた目立ってしまう訳ですが…(笑)。以前にポケットにミニライトを入れて歩いていて、気が付くとレンズ部分が傷で曇ってしまっていたということがありました。やはりそれなりの傷対策がされていないものは傷つくのを前提にしなければならないのでしょうね。iPodでこのアクリル素材を使うのはおそらく初めて?だと思うのでハードコート等の対策はなされていなかったのでしょうかねぇ。まぁハードコートも傷に万能ではないようですので、早くかっこいい専用ケースが発売されるといいですねぇ。

ラベル:Mac ipod 音楽
posted by Bomber at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソニーの携帯SO505とか506は液晶部分が常に表面にあるので傷つくかと思っていましたが、1年使っても目立つ傷がない。
ハードコート様々という感じですよ。
Posted by みやびあきら。 at 2005年09月29日 18:17
おお、そうですか。さすが日本製は細かい所が行き届いていますねぇ。アップルは購入後すぐ液晶の割れた個体に関しては初期不良を認めましたが、傷に関してはそういう仕様だということなので、ユーザー側で気を使ってやるしかないみたいですね。出来ればハードコートしていただきたいですが…。いくらぐらい上乗せになるんだろう?¥1,000〜¥2,000ならOKなんですが。
Posted by Bomber at 2005年09月30日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。