2006年09月08日

映画『グエムル ー漢江の怪物ー』

公開前から面白いという話を聞いていたので気になってたんですが、たまたま公開日に飲み会帰りで終電を逃してしまい(笑)、タイミングよくオールナイトでかかっていたのを見てきました。でも初日とあって深夜でもビックリするくらい人が多かったですねぇ。

監督のポン・ジュノは『殺人の追憶』でかなり評価を上げた人ですね。良く練られたシナリオと余韻のあるラストで印象に残った映画でした。この『グエムル』もかなり面白かったんですが、なんか日本人、というか私の感覚からは離れた所があって、手放しで楽しめないと言うか…自分の感覚がハリウッド映画に洗脳され過ぎなのかもしれないけど、韓国映画ってこういう感じの映画が多い気がするなぁ、って言う感想でした。

まぁ、この映画は素直に見れば、娘が突然いなくなってしまった事でバラバラだった家族が絆を再確認し合うという王道的なストーリーなんですが、最後までストンと話が納まらないと言うか、その辺がこの監督の味なんでしょうね。

まずイイと思ったのは、とにかく最初から『グエムル』の姿をなんの出し惜しみも無く見せている所ですね。
つまらないモンスター映画にありがちなお定まりのストーリーで引っ張った挙げ句、予算不足丸出しのダッサーい怪獣が出てきて興ざめって事はなく、のっけから良く出来たCGでかなり現実感のある『グエムル(怪物)』が、のどかな日常に突如として現れ市民を殺戮していく所を描いたシーンはけっこうな迫力でした。こういうのって結構カタルシスを感じるんですよね。海外に丸投げしただけあってCGには自信があったんでしょうが、それがある程度成功しているだけでも怪物映画としてはマルをあげてもいいと思いました。

ですが、ストーリーに関しては私は素直に楽しめたかと言うと、やはり韓国映画ってどこか違うなって違和感を感じるんですよね。
普通だったら[末娘をグエムルに奪われた]ダメ家族が、それぞれの個性をいかに結束して立ち向かっていくかって話になるんでしょうが、ダメ家族だけになんとなくダラッと話が進んで行くのが面白いと言うか、話がしまらずに進んで行く『まったり感』を全体に醸し出しているんですよね。ソン・ガンホ演じるダメ親父がグエムルから逃げようと娘の手を引っ張っているつもりが、ふと振り向くと[全然知らない娘]だったりする所とか、笑っちゃうんだけどお前もうちょっと頑張れよというか(笑)。ペ・ドゥナのいまいちダメなアーチェリー銅メダリストとかも、普通なら一念発起で大活躍させられそうなのに微妙にそこを外してみたり、大卒でフリーターの兄貴が突然出てきたホームレスと協力してグエムルに立ち向かったりとか、また彼が学生運動崩れで妙に[火炎瓶投げ]が上手かったりって辺りが、情けないなーと思いつつなんか「お前らそれでいーのか!(笑)」と思わざるをえないと言うか…。お気楽に進みながらも、何かその底に言われぬわだかまりがあると言うか。ラストだって、フツーそのキャラが死ぬか?って人が死ぬわけで。でも家族の日常は続いて行く。多分その違和感が映画にあると思うからこそ、私は韓国映画を見続けていると思うのです。

で、パクリの話ですが(笑)、反米、被害者意識なんて結局この世界に住んでる以上アメリカの影響を受けずにすむ国家なんて無いわけで。あんまりそういうのばかり気にしても仕方ないし。パクりの問題にしても、私は映画って言うメディア自体が(創作物全体に言える事ですが)前に作られた物の影響を受けずしては語れないものであるなら、あからさまなパクリ以外は、「あー、なるほどねー」と気が付いた自分を褒めればいいぐらいなのでは?と思っているので(笑)。ストーリーの骨格がまったく同じとか言うんでなければある程度の援用も笑って許す位の心の広さも、作品によってはあるのかなと思ってます。そういう立場から言えば、グエムルはこのくらいなら別に問題なかろうと思いました。モンスターのデザインとかは確かに似ているんですが、だからといってこの話自体が丸パクリとは思いませんでした。
ま、そんな視点で見た映画を語らなければいけない事自体、悲しい話ではあるんですが…。

posted by Bomber at 04:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同胞押井はいい仕事したニダー
ウェーハハハとか書こうと思いましたが
やっぱやめときますw
Posted by 匿名希望 at 2006年09月10日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。