2006年09月06日

グエムルと廃棄物XIII号

映画『グエムル ー漢江の怪物ー』を見てきました。
いや確かに面白かったんですが、見た後に『ん?』と首をひねる所がある辺りが『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督の(いい意味で)持ち味なんですかねー。

『グエムル』の感想を書いていてネットをうろうろしていたら、「『グエムル』はアニメ『機動警察パトレイバー』の映画化3作目、『WXIII 機動警察パトレイバー』のパクリニダ!」という批判が有るようで。
俺は『WXIII』は見てましたが、グエムルを観ててそれは思い出さなかったんですよね…。そもそも『WXIII』自体そんなに面白いと思わなかったのですが。
比較の意味も込めて両方の感想をそのうちアップしようかなと思っています。すぐは無理っぽいので生暖かい目で見てやって下さいな〜。

posted by Bomber at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。