2006年03月13日

Corega CG-WLCB54GL

ちょっと前にルーターが故障したので、Coregaの安い無線LANルーターに替えました。その時同梱されていた無線LANカードCG-WLCB54GLが、どうもMacではサポートされてないようでやむなく遊ばせていたんですが(カード込みモデルが特売だったんです)、チップセットから検索してみた所Ralink製のRT2500らしいと判明。そこでRalinkのHPを調べてみるとMacOSX用のドライバが置いてありました。こいつはラッキー☆だと思いインストールしてみた所、無事動作いたしました。良かった良かった。これで無駄にならずに済みました。ちなみにPowerbookG3(Pismo)、OS10.4.5で今の所問題なく動作しています。Ralinkのチップセット情報はこちら、ドライバはこちらからダウンロードできます。Macは日本じゃ配布してないドライバが結構海外サイトにおいてある事がありますんで、ダメ元で探してみるのもいいかと。ただし、使えるかどうか探すのは買う前にしたほうがいいですよ。買ってからドライバが見つからないと冷や汗かきますからね(笑)。あと、日本でサポートされていないドライバのインストールは、あくまで自己責任でお願いいたします〜。

タグ:Mac
posted by Bomber at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14759482

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。