2006年02月24日

黒沢清の新作『LOFT』

えーっと、こないだ観に行った『悪魔の棲む家』がちっとも怖くなかった
のでガックリです。ちょっと感想書く気にならないですね…。
最近見た洋画のリメイクもののホラーで怖いと思った物が無いんですよ。
今、アメリカ映画はホラー不作の時期なのかなと個人的には思ってるのですが。何か戦争と相関関係でもあるんですかねぇ?
それに引きかえ日本が誇る邦画ホラーはハリウッドに逆上陸したりしててパワーがあるので、これからが楽しみです。

ところで私が好きな映画監督の一人に、CURE』『回路』『降霊』などの傑作ホラーで有名な黒沢清という方がいます。その黒沢清監督の新作『LOFT』が、3/24から開催される第20回高崎映画祭で公開されるようです。黒沢監督の作品では、光るクラゲの群れが印象的だった『アカルイミライ』(2003)なんて私は結構好きなんです(これはホラー映画じゃありませんけど…『時効警察』のオダギリジョーが出演)。最近劇場で黒沢監督の新作にお目にかかってないんで、ぜひ正式な公開が待たれるところです。
今秋に国内での正式な公開予定が決まったようです。早く観たいですね!

公式サイト
Trailerはこちら
本編の一部が見られます 怖い…。

アカルイミライ 通常版
オダギリジョー、浅野忠信、藤達也、イイ男がそろい踏みです。
CURE キュア 未見です〜残念
回路 デラックス版 あの世とこの世がつながる恐怖
降霊 〜KOUREI〜 幽霊は、そこにいる…

ラベル:ホラー 邦画
posted by Bomber at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。