2008年04月17日

今年の春アニメはBL祭りなのか!?

なんだか今期はBL系のアニメが多くないですか?
知らないで見てしまって精神的ダメージを受けてるんですが
まぁこっちも事前に調べないで見てるのがいけないんでしょうけどね…(笑)
それはそうと、なんだか今年の春はアニメの開始本数が少ないような気がして
ちょっと数えてみました。
一昨年の2006年4月開始アニメは54本。
去年2007年の4月開始アニメは46本。
今年2008年の4月開始アニメは30本しかないんですよね。
いや、しかというのもアレですが。
全部30分枠というわけではないと思うんで、のべ放送時間で比べるとわかりませんが
本数的にはほぼ半分に近い数になっているように思うんですが…。
2年前に54本アニメを作ってたアニメ関連労働者の人口構成は、アニメが半分になった2年後の現在いったいどうなっているのか、ちょっと気になる感じではあります。
海外に投げていた分を国内で製作するようになっているのでしょうか?
しかし、全部のアニメを見ているわけでもないのでアレですが
エンドロールを見る限り、ほぼ海外作画のアニメも相変わらず散見されますし。
日本のアニメ制作体制の空洞化がより進んでいるのか
覚悟の無い奴が逃げて、精鋭化されているのかもしれませんが。
余所事ながら、アニメ好きの1人としてちょっと気になりました。

posted by Bomber at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

お花見に(は)行ったよ

4/6の日曜日、恒例の靖国神社でした。
満開には一週間遅れでしたが、それなりにきれいな桜を観賞
…した記憶が無い。
あれ?
11時に乾杯して。
13時前くらいに時計を見てから後、目が覚めたのが
もう引き揚げようという15時過ぎ。
タイムリープしちまいました、テヘ♡

焼酎はほどほどにしとけば良かった…orz

posted by Bomber at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

世にも奇妙な物語2008年春の特別編

録画しておいたのを見ましたが、全体的に今イチというか
過去作の焼き直し?的な範囲に収まっていた気がしてあまり面白くなかったですねぇ。
こんだけ続いてるシリーズだし、ネタ被りは仕方ない気もしますが…。
戸田恵梨香の「これ…見て…」とか
不思議な子供の話なのかストーカーの話なのかはっきりしない上に
最後は子供どこ行ったんだ!オチてないやん(笑)
あの子供に操られてたと言いたかったんだろうか?
脚本は案の定原作付きでは無かったみたいだし…かといって
「日の出通り商店街 いきいきデー」なんて、今更マトリックスか?って感じだし。
船越英一郎が白衣着てたんだけど、グリーンバックの照り返しがまんま残ってて
光源も無いのに服が緑に光ってて何かヘンだったしなぁ。
こういうホラー系企画ドラマは大好きなんで応援したいんですけどねぇ。
スタッフさん頑張って下さい!次こそは…。

posted by Bomber at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

上映出来ない映画がある

靖国 YASUKUNI」というドキュメンタリー映画が
上映中止の憂き目にあっているそうだ。

映画の感想サイトの端くれとして一言だけ言いたい。
劇場が政治的な理由に屈して映画を上映しない。

本当にそれでいいのか?

もしそれが例え日本人に取って屈辱的な、唾棄すべき映画だったとしても。
観るか観ないかを決めるのは我々ではないのか?
観てから内容を批判する事だって可能なはずだ。
だが、我々にはその自由すら与えられない。
もちろん、様々な理由で日本で上映されない映画は数多くある。
資本主義社会なのだから、つまらない映画が上映されない事だって多々あるだろう。
しかしその映画を観るかどうかを決める自由は、劇場にかからない限り我々には無いのである。

この話を聞いてある皮肉さを感じた。
しばらく前から映画を観る前に、「映画を盗まないで!」というCMがどこの劇場でも必ずかかっている。映画を観る人間が必ず見せられるという事は、お前達がこれを見る必要がある、と思われているという事だ。
もっとも効果的な対応は何か。
それは、劇場で映画をかけない事だ。

すばらしいではないか。

この映画は決して盗まれる事が無い『完全な防犯対策が施された映画』でもあるのだ。

政治的問題にも配慮し、映画が盗まれる事も無い『完全なる劇場』がこの先どのくらい増えるのだろうか?
私は、そんな所に行ってまで映画を観たいとは思わないのです。
我々から映画を観る自由を奪わないで欲しい。
もうこの流れは止まらないのかもしれないけれど。

この映画を上映しない事を決めた劇場。
そして事前に試写会を上映する事を求めた議員の名を、我々は記憶しておくべきだと思う。

posted by Bomber at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。