2008年03月30日

池袋でライブを見たよ

もそろそろ満開を迎えて、世間はお花見シーズン真っ盛りなわけですが。

今日は、池袋で行われたAKIBA系アイドルユニット『レンにゅうミルク』のライブを見に行ってきました。
メンバーは『レン』『みるく』の美少女ユニット二人組。
急遽ライブのために結成されたユニットらしいのですが、歌はかなりの実力派でした!

ゴスロリの衣装がよく似合うレンちゃんは、バンド経験アリという話でググっても全然名前が出てこない謎のボーカリスト。ちょっとお茶目な言動でキュートな<天然っぽさ>が魅力でしょうか?(笑)ライブは久しぶりと言っていたので、最初ちょっと声が出てなかったり、ステージアクトにぎこちなさも感じましたが、声の透明感は抜群だったように思います。

かたやみるくちゃんは某Blogで『はいてない』(何が?)のが有名になったコスプレもされている歌い手さん。かなりステージ慣れしているようで、トークも堂に入った感じで面白さ抜群でした。もちろん歌も相当上手かったし、さらに彼女は御自分で作詞もされるそうで、デュエットの他に自分オリジナルの持ち歌を何曲か披露されていましたが、とても印象的でいい歌だったように思いました。

ステージの内容はというと。
二人のデュエットからスタートしてオリジナルソングから童謡まで幅広いレパートリーで聴かせて、そして二人それぞれのソロでJ-Popやオリジナルの持ち歌数曲ずつを歌い、最後は某ドリルアニメ替え歌の『レンにゅうミルク』テーマソングや、ミルクちゃんが盛り上がりを考えて決めたという、Winkやシャネルズなど昭和全開(笑)の歌謡曲デュエットで締めという流れでした。
あっという間の120分間、観客も最後は相当盛り上がっていました。
そしてライブ終了後は生写真プレゼントのジャンケン大会で、またひと盛り上がりサービス満点って感じでとても楽しめました。

ハコが多少狭めの、コスプレ店員さんがいるBarという面白い場所だったんですが、最後はもう人が入りきらないくらいだったので、かなり注目度も高い二人はこれからが楽しみだと思ったら、今後のユニットの活動があるかは今の所未定との事で…。『これで最後かも』なんて言わずに『レンにゅうミルク』、是非これからも頑張っていただきたい所です!

posted by Bomber at 05:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

結局見てしまったデビルマン

酷かった…いや、酷かったには違いないんですが。
前知識で仕入れて期待していたダメなシーンがいい感じにカットされて見やすくなってて
『マシに見える部分もあるが、結局全然シーンが繋がらない理解不能な映画』
に成り下がっていたので、アゴが外れるくらいのダメさ加減は味わえなかったような気がしました。小林幸子も消えてたし、シレーヌとの戦いの決着も分からず、なんかもうあれこれカットされてたようで、無料で見られたのに大損したような…。あ、そうそう、教会の虐殺シーンでGUN=KATAのダサイ真似事をさせた奴、お前は万死に値するとリベリオン好きの一人としてここは釘を刺しておきたい(笑)
それにしても美樹ちゃんの生首シーンまでカットするなんて、ここにハサミを入れた奴!お前は万死に値する(しつこいですか?)…と言うか
そこ切ったら美樹ちゃんが死んだかどうだかもよくわからないやんけ!
これじゃ何のために深夜に放送したんだかちっとも分かりません。
やっぱりヒドい、ヒドすぎる…。

この映画、上でも言いましたが結局話のスケールが小さいんですよね。
原作ではサタン(=デーモン)とデビルマン(=人間)の互いを賭けた壮大な戦いになるものを、結局ご近所でロケした程度の世界観で、やってる事はいじめ問題かアカ狩りの真似事みたいな感じだし。また、日本のデーモン狩りの間、世界ではいったい何が起こっているかの背景説明が、カットのせいなのか何なのか全然分からないんですよね。だからいきなりご近所が廃墟だらけ死体だらけになったと思いきや、突然世界が核?で崩壊(だかよく分かりませんが)するという唐突さに見てて唖然とするわけです。
その手前で起こっている事といえば、ちっとも能動的に動かない、何を考えてるのかすら不明な双子の大根役者(お話内でも双子なのかと思ったらただ似ているだけだという無意味さ)がああだこうだウジウジしてる間にみんな死んじまって、小さな幸せのために神と悪魔が戦って共倒れ。デーモン娘と子供がどうやってかよく分からないながらも生き延びて、ラストおいしいとこさらってジ・エンドって、何ですかそれ!『デーモンと人間の融和』とかそんなこと言いたげですが、こいつらたまたま今生きてるだけで別にデーモン問題も世界の崩壊も何一つ解決してねえじゃんか!と泣けてくる話の小ささです。だって、少しだけ生き延びた飛鳥了にこの後人類皆殺しにされちゃうんじゃないの?という疑問にすらこの映画は答えてくれません。ああヒドい(追記:なんとラストシーンが途中でカットされてたらしく、あのまま二人のロングショットになるとまだ周りには人間竜巻がいくつも巻いてるショットになるそうで…おい!それじゃエンディングの意味が変わってくるじゃないの!シドイ)。

恐らく那須監督はアクションといえばビーバップハイスクールとかの『ヤンキーの殴り合い』か『チンピラの切ったはった』的なスケールでしか演出出来ないんでしょうね。
デーモンなりかけ娘が完全に目覚めて特別な力を使うと思いきや、何故か唐突に日本刀アクションを見せる辺りで完全に得心しました。
まぁそれはそれでいいんだけど、そういう人に原作の『世界の破壊と再生』という壮大さが描けるのかどうか。またそういう人に監督を任せた映画業界のシステム的不毛さみたいな…なんでそんな事観客が考えなけりゃならんのか!
映画なんて見なくても死にゃしないのに、だからこそしがらみから自由な娯楽であるべきなのに、金かけてつまらないモノ作っちまうそのダメさ加減に全く腹が立ちます。
愛すべきダメ映画ならばまだ笑って許せるのにねぇ…。

posted by Bomber at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『デビルマン』…を見ている途中

相当酷い出来だという話を聞いていたのである程度覚悟していましたが、まぁとりあえず録画しておいたので鑑賞。
しかし、やはり途中で辛くなってきて一時停止してコレを書いています。
どうしようかなぁ、消そうかなぁ。

とりあえず、作品の根幹に関わる

『地球を支配しようと復活した悪魔を倒すために、人間の心を持ったまま悪魔の力を手に入れて人間のために戦う』

という設定を

『人間のエゴが悪魔を復活させ、そのためにデビルマン同士が仲間割れ』

という小さい話に改変した責任者出てこい!

そういう『人間が全て悪いんですごめんなさい』話にしたがる気持ちも分からんではないけどね…。
まぁ役者があまりにも酷いとか、明らかに絵が繋がってないとか
そういう細かいツッコミは他のサイトがいくらでもやっているでしょうから、そちらを見ていただくという事で。
って、レビューまで投げやりだなオイ。

さて、酒でも飲んで続きを見るかな…ってまだ見るつもりなのかオレ。

posted by Bomber at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

映画『バンテージ・ポイント』

用事があって新宿に出たのですが、予定が変更になったので、新宿ミラノでやっていたこの映画を急遽鑑賞。
ライラはラララライだったので、私の大好きな洋ドラ『LOST』のジャックことマシュー・フォックスが出演しているこちらを見ようかなと。
新宿大ガードそばのロータリーギフトさんいつもお世話になってます。

同じシーンを何度も繰り返して描写の切り口を変える事で、隠された真実を浮かび上がらせるという作りの映画はいくつかあります。例によって同じシーンをあまり何度も繰り返されると『またか』と脳みそが退屈し始めるので間を持たせるのが難しいのですが、わたくし某押井監督の実写作品でそういうのには慣れっこになっておりますので、全く問題なく鑑賞できました(笑)

この映画も、大統領暗殺という大事件をその起こった数十分を繰り返す事により『あの行動の意味は実は…』とか、意外な犯人を浮かび上がらせるというような意図の表現ではありますけど、『えー!この出来事の意味は実はこうだったんだビックリ!』というほどの逆転は無かったのかなと。それに値するようなキャラクターは女テロリストくらいで、実際の所それほどネタのじらし方は上手くなかった気がしました。まぁとりあえず怪しげなキャラクターはたくさん出てきますし、『事件の真犯人は誰か』というのが大体読めるようになった辺りで『犯人の本当の意図は何か』というポイントで目先を変えて飽きさせずに話を引っ張って行くのはなかなか面白かったのではないかと思いましたね。

でもこの映画で一番怪しかったのは、どう考えてもフォレスト・ウィテカー演じるアメリカ人ツーリストではないでしょうか。彼はたまたま事件に巻き込まれただけのごく普通のビデオ撮影好きの一般人のはずなのに、何故か異常ともいえる義務感で、必死で逃亡する正体不明の警官を走って追いかけ、訓練で鍛え上げられた大統領警護官(いわゆるSPですね)に、脚力で一歩も引けを取る事無く(笑)彼らをビデオでバッチリ録画しつつ(笑)あまつさえ、迷子の女の子アナちゃんを間一髪で助け、結果的にテロリストの野望をあと一歩の所で粉砕する(笑)わけですよ。正義感にしてはいささか度が過ぎてるし、しかもツーリストが偶然撮った絵がストーリーのポイントになる、つまり彼の役どころの部分はそのチェイスではもう通り過ぎてるわけですよ。しかもチェイスの最中に撮った絵はストーリーに何も寄与しないんですよね。それなのに彼はヘロヘロになりながらスペイン市街を激走するわけです。

あんたいったいナニモンなんだと。
ただのフォレスト・ウィテカーなのにそんなに頑張っちゃう理由が分からん。

どう考えても強引な脚本で死ぬほどスペイン市街を走り回らされただけとしか思えないのです。もしくは美少女アナちゃんが好きで好きでたまらなかったという、単なる子供好きなら問題無いが、それ以上だと問題あるいささか不穏当な人間性(まわりくどいですか?(笑))を彼が秘めていたのか?彼の超人性を前にしては、主人公のエンジンのかかりが遅いポンコツSPも、結局アレだったジャックも、後に出てくるなんだか強すぎるワンマンアーミーな大統領襲撃犯も、キャラが全くかすんでしまうのです…。

…というように、基本的な部分はそれなりだけど、かなりアレな部分も散見される映画だったのかなという感想でした。ま、90分という短めの上映時間でスパッと終わるので、待ち合わせで空いた時間潰しには良いかもしれません。

posted by Bomber at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

映画『サマータイムマシン・ブルース』

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) 先日フジで深夜に放送していたのを視聴。
なかなか面白かったです。
もともと劇団ヨーロッパ企画で上演されていた戯曲を映画化したとのことですが、そっちも見てみたいかなと思いました。

時間旅行ネタといっても、名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ほどの風呂敷は広げずに、地方大学のSF研を舞台に『たった一日だけ昔に戻って、エアコンの壊れてしまったリモコンを取ってくる』という、ホントに映画としては小さい枠で収めてるんですけど、でも小さくてもお話が作り込まれてる感じが良かったですね。
金もなく野球ばかりしてるSF研のダメ大学生たちの愛すべき日常描写は、大学サークルで似たような部室生活を体験した自分には「あー、なつかしーなぁ」的に非常に共感できました(笑) そして、タイムパラドックスに繋がるような、余計な事ばかりして主人公に迷惑ばかりかけるSF研3バカがいい味出してました。あと、25年後(映画内では2030年)の未来のSF研が重要なポイントとして映画に関わってくるんですが、未来になってもダメっぽーいSF研部員のムサい男たちが部室でクリスマスパーティをやってて、そのダメな人たち勢揃いのカットが個人的にとってもツボでした。『未来になってもやっぱり今と同じでダメっぽい』というのが安心するというか、親近感わきますね(笑)
役者的には上野樹里が魅力的に撮られてて、『のだめ』じゃない彼女も可愛いなぁと認識を新たにしました(のだめももちろん良いのですが、ちょっと濃すぎてイメージ固定しすぎるという気が)。あとは前期のフジ深夜ドラマ『SP』で男勝りの警護官を演じていた真木よう子がエロっぽくて良かったですね。エロすぎてあまり大学生には見えませんでしたが(笑)。
しかし、この映画で一番良く出来ていたのはやっぱりシナリオでしょう。
きっちりバラまかれたタイムパラドックスにまつわる伏線をラストに向かって丁寧に回収しているあたり、『時をかけるリモコン』のつじつま合わせとか、人物の出し入れのアイデアが良く練られてて感心しました。話のスケールが小さいからこそ成立してる部分もあったりして、予算がかけられなくてもシナリオが良ければ映画が面白くなる、見本のような作品だと思いましたね。

少し難を言えば、物語が始まってからいざタイムマシンが出てくるまでの時間が結構あるのでいささかダルく感じてしまう所、これから面白い事が起こるぞ!という感じがもうちょっと出せてればなぁと思ったんですよね。その時間で初見では見分けがつきにくいSF研の部員たちを印象づけるのに失敗してる感があるのも、もったいないかなぁと。ラストの『神様が…』の下りとかあんまり必要ないんじゃない?と思いましたし、つじつま合わせが大変なのも分かりますが、もっともっと面白くなったんじゃないかなぁという部分があった気がしてちと勿体ないです。
それでも映画自体はかなり楽しめたんで、まだ見てない方にはお勧めですよー!

<注:この先は映画を見てから読んだ方が良いですよ!>
タグ:邦画
posted by Bomber at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

くぎみー!!く、クギーッ!、クギギーッ!!

おっさん二人で日曜日、久しぶりにアニメのイベントに行ってきました。
コレでございます。
『ゼロの使い魔』や『ハヤテのごとく!』で人気の生釘宮さんを見に行ったのです。
朝10時頃に整理券もらいに行ったら『もうありません』と言われてしまいました。
うへぇ。
徹夜も厭わない筋金入りの猛者たちを甘く見ておりました。

ごめんなさいごめんなさい。

普通に話すとそうでもない釘宮さんは
声を張るように喋るととたんにあの『釘宮声』になるのです。
皆さんメロメロでございます。
そして、川澄綾子嬢と能登麻美子嬢の『かのこん』トーク。
川澄嬢は能登嬢のことを『麻美子』と呼ぶのです。
なんともエロエロでございます。

能登かわいいよ
かわいいよ能登

結局後ろの方で4時間ほど立ち見でした。
若いオタクのエキスを吸収しました。
疲れました。
また行こう(ウヘヘ)。

タグ:アニメ 声優
posted by Bomber at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

Terminator: The Sarah Connor Chronicles

全然知らなかったんですが、今アメリカのFox ChannelではタイトルのTerminator: The Sarah Connor Chronicles(音注意)なるターミネーターのドラマ版をTVで放送してるらしいですね。

ああああ!アメリカ人はお茶の間でターミネーターの新作が見られるのか!
めちゃめちゃうらやましい!

お話の舞台はT2とT3の間をつなぐものになるのだそうで。
でもあらすじを読むとやっぱあの地味なT3は無かった事になりそうな予感…。
番宣写真を見る限り、あのサラ・コナーがかなりのべっぴんさんになってます。
(い、いや、別にリンダ・ハミルトンがブスだったというわけではなく…)

ジョン・コナー役も、T3のサル顔青年にはどう考えてもなりそうにも無い美少年系ですし。
なるほど彼なら映画T4のクリスチャン・ベール(バットマン&『リベリオン』のガン=カタお兄さん)に問題なく繋がります。

しかも
未来からジョン・コナーを助けにくるのはなんと

女子高生型ターミネーターだそうで!

なにその萌え設定!

ヤンキー分かってんじゃん!

すまん、俺が悪かった!(何が?

謝るから早く日本で放送してください。
できればテレビ東京あたりでお昼過ぎくらいに…。
でも実際やるのはケーブルのFOXチャンネルあたりかなぁむむむ

Terminator The Sarah Connor Chronicles Poster  1

タグ:海外ドラマ
posted by Bomber at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ロス:タイム:ライフ

4話目のオチを見ておいおい(笑)とツッコミたくなったんでちょっと感想をー。

このドラマは、<確実に死ぬ状況に陥った人が、死ぬまでに人生で無駄遣いした時間=ロスタイムをもらって奮闘する様を描く>って感じの、人生をサッカーになぞらえたSF…というより同じフジ的には『世にも奇妙な物語』を明るくしたような不思議テイストのお話です。個人的に『世にも奇妙』とかTBSの『怪談新耳袋』のような、ホラー入った不思議系の話が大好きなものでして…。

4話目は上野樹里扮する看護婦が恋人にフラれた腹いせに、病院の屋上から飛び降りてしまうと着地前にロスタイムに突入、同じ屋上で出会ったこれまた自殺志願者の温水洋一と珍道中を繰り広げるうちに、『こんなつまらない事で死にたくない』と願う。すると今までのプレイヤーとは違う[ 人生の延長戦 ]に突入することに…。

で、ツッコミですが、ビルの屋上から飛び降りて地面に激突したはずなのに[ かすり傷で済みました ]はないだろと思いませんでした? まぁ一歩譲って結果は同じだとしても、もうちょっと何とかできんかったもんかなぁと。序盤で飛び降りても大ケガで助かった男は明らかに伏線なんだから、つじつま合わせるだけならそういう事でええやんけと。死ななかったならば、そもそもロスタイムをもらえないんじゃないの?という根本的なツッコミはまぁ横に置いといて(笑)

何でかって言うと、このドラマのキモは、最後は必ずプレイヤーが死ぬ定めであるというルールがガッチリと決められていることだと思うのです。だからこそ不意に与えられた猶予時間=ロスタイムが盛り上がるわけです。ですから、あんまり安易にルールを破ってほしくないなと思うんですよ。
まぁ、こういうフォーマットが定められたドラマは、それ故にマンネリに感じるきらいがあるのもまた事実です。1、2、3話ではフォーマットをきっちりこなしてきたので、4話目のオチはあえてそこから外したかったのもまぁ分かります。まだ若い看護婦がはずみで飛び降りた、というネタでは、結局自分で選んで死んだから仕方ないだろ、と突き放すのではドラマ的にあまりに救いがないのも確かだとは思うので、オチにひっかかりつつもまぁ納得、くらいではあるんですけどね…>じゃあそんなにツッコむなと

それにしても、かなり高く見える病院の屋上から落ちてあの程度のケガはあり得ないだろと(まだツッコミます)。最近話題のハンドボールじゃないんだから、『中東の笛』的審判の手心が加わったように見えるのはちょっとマズい気もします(笑) 好意的に考えれば、1、2、3話の設定からすると、『意図しない死』の時はその結末を変えられないとも取れます。そうだとすると、この話の看護婦は『自分で飛び降りさえしなければ、死ぬことも無かった』とも解釈できるわけですけどね。それならばつじつまは合っているとも言えますが…サッカーに例えるならば、要するに上野樹里はオウンゴールしてしまったようなもんか?(例え合ってます?)

ツッコミついでに、このドラマを見てだれでも考えるパラドックスとして
『死ぬ時間とロスタイムが終わった時間(=本当に死んだ時間)が違う』というのがあると思うんです。
よく考えると、直前まで会話してた人が数刻後には死んでしまう(というか既に死んでいる)わけですが、死亡推定時間とかその辺マジメに考えると当然つじつま合わない所が出てきますよね。例えばSF的に話をふるならば、

・ロスタイムが終わるまでは現実に影響を与えられるが、そのかわりプレイヤーが誰からも不可視な状態になる
・もしくはパラドックスを解消するため、プレイヤーが誰かと会話したらそこでロスタイム強制終了(死の事を話したらイエローカードという形にはなってる)

という枷が入る気がするんですが、まぁSFとは違うのでその辺曖昧でもドラマが面白ければOKですけどね。

俺自身はそれほどサッカーには詳しくないのですが、ルールに曖昧な所があるのはサッカー自体も同様のようで。
そもそも、ほかの競技にはほとんど存在しない『ロスタイム』というルールがどうしてサッカーにあるのかの合理的な説明は特に無いみたいなんですよね。ロスタイムで与えられる時間も時計で測ってはいるらしいですが、浪費した時間自体をどうとるかは結果的に審判の判断で決まってしまうという、かなり曖昧なルールな訳です。でもその曖昧さが、合理的なアメリカのスポーツと違ってヨーロッパのスポーツの奥深さであり考え方の違うところでもあるようです。つまり、そんな曖昧スポーツをネタにしたドラマだから結局オチが曖昧でも許そうかな!(笑)というのが今回の結論です>オチてますか?(汗
しかし、そんなルールの中で試合をまとめる審判団は大変そうです。ドラマの中でも、あれこれワガママなプレイヤーに付き合わされて審判団は辛そうですし(笑)

アイデアはいいし1話目の出来が秀逸だっただけに、この先もスタッフの方は頑張って面白いお話を見せてほしいものであります。

タグ:ドラマ
posted by Bomber at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。